ご相談はお早めに
電話045-573-4289


  相談無料・秘密厳守
  月~金:10時~18時
  土曜日:10時~12時
  事務所来所は要予約
 
アクセス
 ≪鶴見事務所≫
  〒230-0062
  神奈川県横浜市鶴見区
    豊岡町20-9-505
  電話:045-573-4289
  FAX:045-575-1948

 
活動を支えて下さい
 私たちは、職場の長時間労働、過重労働、パワハラ、セクハラ、メンタルヘルス、アスベスト被害、有害化学物質などにより、働く方々や地域住民の健康被害者への支援活動を行っております。
 労災職業病、公害被災者の救済、及びその根絶を実現するために、誰もがいつでも相談できるサポートセンターとして日々邁進しております。
 あくまでも労働者側の立場に立って、企業や行政にも言うべき事を言い、すべきことをする。そうした活動を継続してこられたのは、活動を理解してくださる方々の会費とカンパ(寄付金)です。
 この活動にぜひご理解いただき、ご支援・ご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

【会費】
個人会費:月額1口500円より
(年額6,000円より)
団体会員:月額1口500円より
(年額6,000円より)

ご入会はこちらの申し込みフォームよりお申込み下さい。

横浜弁護士会「人権賞」を受賞しました(2014年)
 
237979
2016年度労災職業病講座のご案内
■第1回:建設業で働く人の職業病の労災申請マニュアル
日 時:2016年11月11日(金)18時30分~20時30分
講 師:松舘寛(東京土建一般労働組合 労働対策部職業病支援書記)
概 要:
 腰痛、上肢障害、振動障害、難聴、熱中症、じん肺、アスベスト関連疾患など職業病のデパートと言われる建設業で働く人から多様な相談対応をしてきた松舘氏にお話をして頂きます。松舘氏は『職業病労災申請マニュアル』という非常に実践的な労災申請の手引きを作成されたので、それを参加者に配布し、労災申請の実践について、具体事例をもとに説明して頂きます。
会 場:かながわ県民活動サポートセンター7階711(JR横浜駅から徒歩5分)
資料代:500円(『職業病労災申請マニュアル』を配布します)

■第2回:脊髄損傷の労災問題
日 時:2016年11月26日(土)14時00分~16時00分
講 師:古谷杉郎(全国脊髄損傷者連合会理事/全国労働安全衛生センター)
概 要:
 脊髄損傷は労災事故や交通事故等を原因とし運動機能や感覚知覚機能が失われてしまいます。脊髄損傷の労災問題としては、脊髄損傷に併発する合併症の問題、労災保険の傷病補償と障害補償の問題、治癒と再発の問題など様々な問題があります。全国脊髄損傷者連合会の理事である古谷氏に詳しく解説して頂きます。
会 場:かながわ県民活動サポートセンター7階710(JR横浜駅から徒歩5分)
参加費:無料